ウエディングドレス
ウエディングドレス

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログで吟味する!


ウエディングドレスカタログにはたくさんのドレスが載っていていますよね。レンタルドレスにオーダードレス。これからウエディングドレスを決めようとする花嫁さんは、おそらくたくさんのウエディングドレスのカタログを集めて、片っ端から吟味するのではないでしょうか。
ただ眺めているだけではなく、ちょっと視点を変えてみることが大事です。まずは自分がイメージする型を決めて、色を決めて、全体的なイメージはとっても大事です。もちろん、値段も大事な判断基準になりますよね。あまりにもたくさんのカタログの中から、選ぶわけですから、見れば見るほど迷ってしまうこともあるでしょう。
ウエディングドレスのカタログでは、ウエディングドレスの生地の質感や実際の発色、縫製など、細かい部分までは見ることができません。
ウエディングドレスのカタログを参考にしながら、最終的にはきちんとショップに行って、細かいところまで確認しながら、素敵なドレスを選びましょう。
一生に一度、式の主役は花嫁さんです。素敵なドレスとの出会いがあるといいですね!

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログギフトって知っていますか?


ウエディングドレスカタログで選ぶ時代ですが、一般の引き出物もカタログギフトにする人が最近多くなっているように思います。
カタログギフトとは、贈り主が予算に合せてカタログを贈り、先様にカタログから欲しい品を選んでいただくギフトです。カタログギフトの価格には、カタログ代の他に挨拶状やのし・包装紙、先方のご自宅までご希望の商品をお届けする送料なども含まれています。
最近人気急上昇のアルバム型のカタログギフトは、商品をお選びいただいた後は、そのまま結婚記念などのフォトアルバムとして利用していただけるおしゃれなカタログギフトです。ギフトはブランド品はもちろん、クルージングや乗馬・陶芸・ネイルサロンなどの体験コースを含む豊富な品揃えで、送る側のセンスが光るものになっています。
贈り物は本当に難しいもので、万人が満足するものは意外と少ないものですよね。鍋だったり、カップだったり、不要になって押し入れの奥底に仕舞い込んだり、フリーマーケットに出してしまったものは数多いです。
とにかく、先方に欲しいものを選んでいただける・・・というのが一番ですよね!
物を記念に残すという感覚から、楽しんで思い出に残してもらう・・・という相手本位の考え方に変わってきているのでしょうね。とてもいいことだと思います。

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス カタログで選ぶ

ウエディングドレスカタログって、どれを見てもとても素敵!でもたいていの場合、モデルさんが外国人だったり、手足の長いモデルさんだったりして、どんなデザインでも素敵に着こなしているので、どれを見てもため息が出るほど素敵です。神田うのさんプロデゥースのシェーナ・ドゥーノのウエディングドレスはうのさん自身がモデルになっているので、衣装がとても映えて、素敵です。実際に自分が着てみると、似合わなくてがっかりすることも多いです。カタログで探して試着して・・・を繰り返しています(笑)
カタログ販売しているウエディングドレスや、ネットのカタログで販売しているネットショップもありますが、それってちょっと怖い感じ。というのも、実際に着てみることが何よりも大事だと言うことです。カタログの発色と実際のものが違うことも多いですし、何より着る人によってイメージってとても変わるものだから・・・。
自分に似合ったドレスを探すのって、大変だけれど、楽しい、幸せなひと時です!

ウエディングドレス カタログ

ウエディングドレス 引き出物はカタログで選ぶ時代です!


結婚式の引き出物に、カタログギフトを送ろうと思っています。
選んでいただいた後にフォトスタンドになるものもあってとってもお洒落かなと思います。温泉利用券やティークルージング、エステ、フェイスリフレそして英会話教室などの体験コースがたくさんあって、喜んでいただけそうな感じ!かさばらないので持ち帰りがラクだし、何より見ていて選べる楽しみがいっぱい!ご挨拶やメッセージカードもそれぞれにつけられるし、アフターフォローも万全みたいです。
ウエディングドレスやブーケをカタログで選ぶと失敗することがあります。カタログと実際のものとのギャップが激しいと感じたときはまず失敗でしょう。実際に手にして見なければわからない部分がたくさんあります。でも、ギフトをカタログにするのは逆に欲しくないものを差し上げてしまう結果にならなくていいですよね!味気ない、面倒くさい、なんていう人も中に入るかもしれないけれどね。
カタログを出しているショップも数多くあるので、それを選ぶためにカタログをもらってきたり、ネットで調べたりする作業は慎重にやらなくてはいけませんネ。

ウエディングドレス 試着

ウエディングドレスの試着は一人で行かないこと!


ウエディングドレス試着は自分ひとりでは行かず、できれば母親や姉妹、友人など、客観的な意見を言ってくれる女性と行った方がいいでしょう。男性だと見方が違うし、客観的に意見を言ってくれない場合もありますよね。何を着てもキレイに見えちゃうかも知れませんし(笑)
また式場以外でウェディングドレスを手配する場合、式場のイメージを伝えることも大事ですね。写真などがあるとわかりやすいかもしれません。カメラの持参ですが、場合によっては写真を撮らせてくれない場合もあるので注意しましょう。
また試着の際に、同時に小物も身につけてみたほうがいいでしょう。
まだ決まっていない場合は、イメージしているものを持参してみた方がいいかもしれませんね。
さらにウェディングドレスを着たら、歩いたり、座ったり、お辞儀をしたり、うでをあげたり、と、色々な動きをして見ましょう。下着が見えたり、窮屈だったり、するのを避けなければいけません。
ウエディングドレスを決定するまでは何度も試着を繰り返して、本当に気に入ったもの、似合うものを探しましょう!

ウエディングドレス 試着

ウエディングドレス 試着は大事!


一生に一度の晴れ舞台である結婚式。その晴れ舞台に着るウェディングドレスは納得のいくまでじっくりと選びたいですよね。
カタログやネットでイメージを決め、予約を取って試着に出かけます。
自分のイメージがしっかりしていないとなかなか決めることができず、あれこれ試していくうちにどれがいいのかわからなくなってしまうことがありますよね。イメージがはっきりしていればいるほど、ウエディングドレス選びはスムーズに行くでしょう。
予約時に会場や予算、サイズなどをお店に伝えておくとよいでしょう。会場の広さや雰囲気によっても選ぶドレスが変わってくると思います。
ガーデンウエディングや、チャペル、レストラン、式場のライティングなど、あらかじめ知っておいた方が良いポイントはいくつかあります。
試着当日ですが、ビスチェやストラップの下着をつけるほうがいいと思います。インナーmによってイメージがだいぶ変わってしまうことを認識しておいた方がいいと思います。
大切なのことですが、カタログなどで見た感じと、実際着た感じは違うということを頭に入れておかなくてはなりません。
カタログやネットなどはプロのモデルさんが着ていて、プロのカメラマンが撮っているということをお忘れなく!

ウエディングドレス 試着

ウエディングドレス 試着しよう!


ウエデイングドレスをレンタルする人が多くなっていますよね!
ウエディングドレスのレンタルは、数も豊富だし、最近では有名デザイナーのものや、新中古品(展示などでつかったもの)などもあり、なによりも試着ができる・・・というところが最大のメリットです。
ウエディングドレスを試着するにはまず、雑誌やネット等でお店を調べ、カタログを見て、決めることから始まります。
今は、雑誌やネットにたくさんのお店の案内があるので、その中から自分のイメージに合ったお店を見つけ、カタログ等を取り寄せたらいいかと思います。ネットなどではネット上に詳しい説明の入ったカタログが描かれていることが多いです。
イメージが決まったら、試着の申し込み予約をとって出かけましょう。
ウエデイングドレスの試着は何度もした方がいいですね。
ウエデイングドレスの試着に妥協は禁物です。
自分が納得するまで、何度も試着を繰り返しましょう。
お店によっては一日に試着できる数が決まっているところもありますし、きちんと予約をしないと実際に来て見たい商品がその場にないこともあるので要注意です。
素敵なウエディングドレスに出会えるといいですね!

ウエディングドレス 試着

ウエディングドレス試着のは予約が必要!


ウエディングドレス試着・・・予約なしで突然、試着に行っちゃいけないの?
急に思い立って、もしくは時間が空いたから、と急に試着に行こうと思っても、なかなか難しいのがウエディングドレスの試着。
ウエディングドレスは、普通の洋服のように自分ひとりで試着ができないものですし、コーディネーターが案内してくれるお店も多いので、あらかじめ予約した方が安心ですよね。試着したいと思うドレスがそこにはない場合もあるし、混み合っていて案内してもらえないこともあるかと思います。
そして、試着の予約のときに、来店希望日時の他に、挙式予定日、挙式会場を伝えましょう。その他、会場の雰囲気や、自分のイメージ、サイズなどを伝えると後がスムーズだと思います。
一般的には3〜5着くらいの試着が限度のようです。インナーを替えたりパニエを重ねたり、普通の洋服のように簡単に着脱できないものが多いですものね。
一回の試着には2〜3時間はかかります。ゆったりと時間を持って、試着に行きましょう。そして、必ず、客観的に意見をいただける女性の方と一緒に行ったほうがいいかと思います。(お母さまや姉妹など・・)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。